GUATEMALA UHEUHETENANGO / ハニープロセス

1,558円〜13,455円(税込)

75ポイント〜 還元

内容量
焙煎度カスタマイズ (1500gのみ)
購入数

GUATEMALA UHEUHETENANGO

銘柄の説明

グアテマラハニープロセス。はちみつ感や、甘栗のような甘味や香り、キレのあるウォッシュトや、強いトロピカルフレーバーのナチュラルとは異なる、グアテマラハニーを一度お試しください。

生産地情報

  • 生産地: グアテマラ(Guatemala)、ウエウエテナンゴ県ラ・リベルタ市パルミラ村(Palmira,LaLibertad,Huehuetenango)
  • 生産者: ロス・ススピロス農園 (Finca Los Suspiros), アクセル・パラシオス (Axel Palacios)
  • 輸出者:ロズマ・コーヒーランド (Rosma Coffee Land)
  • 精製: ハニー(Honey process)
  • 標高: 1700masl
  • 品種: ブルボン40%、ティピカ30%、カトゥーラ30%(Bourbon40%, Caturra30%, Typica30%)
  • クロップ: 2022/2023年
  • 規格: SHB EP
  • カップコメント: はちみつ、甘栗、スイートポテト、ロングスイートネス

フィンカ ロス ススピロス

「ロス・ススピロス」とは、直訳的にはスペイン語で「深呼吸、ため息」といった意味となります。この地を訪れると、どこまでも続く巨大な渓谷の景色を眺めることができます、ため息が出るほど美しいこの風景や、新鮮な透き通る空気感を吸い込むような感覚を農園名に込めています。

ロス・ススピロスは、ブルボン、カトゥーラ、ティピカ種を中心に栽培し、ウォッシュド、ハニー、ナチュラルプロセスのコーヒーを生産しています。

スペシャルティコーヒーのウェットミルステーションと天日乾燥は、フエヘテナンゴの谷地にあり、チェリーを完全にウォッシュドコーヒーにするか、ハニーにするか、ナチュラルにするかを天候や気温を予測し、最もそれらと相性のよい精選方法を決定します。実際は気温や湿度の細かい指標がありますが適度な曇りの天候が続きそうであればハニープロセス、晴天の天候で天日干しが最大限に活かせるナチュラルプロセス、その間の気候ではフルウォッシュドとして精選方法を選んで生産しています。

今回のハニープロセスでは、コーヒーチェリーはパルピングされた後、天日に設置されたアフリカンベッドにてフレーバーにダメージを与えるような発酵が起こらないように注意しながら直射日光で3~4日の間、表面を急速に乾燥させます。

表面のミューシレージがある程度乾燥したのち、一度集めて、袋につめ、ビニールハウスへと運ばれます。その後、もう一度アフリカンベッドに敷き直し、最終乾燥として10~12日間、攪拌を頻繁に行いながらゆっくりと乾燥させます。

商品情報

  • 内容量:
    • 175g: ジッパー付き袋 (画像1枚目)
    • 500g: 500g袋 1パック (画像2枚目)
    • 1500g: 500g袋 3パック
  • 焙煎度: 浅煎り
  • 原産国: グアテマラ
  • 賞味期限: 3ヶ月

焙煎度カスタマイズ

お客様のご要望に合わせて、ストレートコーヒー豆の焙煎度を選べます。焙煎度の変更は1500gのご注文のみ可能で、手数料は1500円(税込)かかります。ご希望の焙煎度をお選びください。

カスタマイズをされた場合はご注文を受けてから焙煎いたします。ご注文より10営業日以内に発送いたします。

For English click here

Guatemalan Honey Process. Try Guatemalan honey once, which is different from natural with its honeyiness, sweet chestnut-like sweetness and aroma, sharp washtos, and strong tropical flavor.

コーヒーチャート

ABOUTRITARU COFFEE

利他の心でもてなす至福の時間をすべての人へ。
RITARU COFFEEは、お客様の日常のなかに、
コーヒーを通してちょっとした感動を
提供したいという思いで、
世界中から厳選した豆を、熟練の技術で
丁寧に丁寧に時間を重ねて焙煎し、
提供する自家焙煎珈琲店です。

豆の鮮度が良い

豆の鮮度が良い
鮮度が命の豆は、ほぼ毎日焙煎。口に広がる香り、甘み、そして美味しいコク、苦み。アフターテイストが雑味なくクリア。深煎りでも胸やけしないのが特徴。

焙煎機と焙煎方法

焙煎機と焙煎方法
甘さとクリアなコーヒーを理想としている私たちの味。だからこそ高温短時間焙煎で半熱風焙煎機を使用。また焙煎職人の技術により、時間、温度、排気などの細かな度合いを調整。

豆の管理体制

豆の管理体制
生豆は短期間で消化する分を細かく仕入れ、新鮮な状態を保ち、水分変化しないように、麻袋や樽にて保管。鮮度が命の豆は、毎日焙煎。

コーヒーラインナップ

オフィシャルウェブサイト